インタビュー

インドネシア Dio NATABAGUS ARIF WIJAKSONO

出身国 : インドネシア
来日した年 : 2016年10月
在留資格 : 特定技能 介護 1号
日本語能力 : N2

インタビュー

小っちゃい頃からアニメがめっちゃ好きで、僕の夢は外国で勉強することだったので日本に来ました。

お母さんを見て、将来的に役に立てるかなと思っています。

とても綺麗で景色がとても良くて、いろいろな文化があってお祭りとか、食べ物とかあってとても興味深いところです。

日本語だったら日本語学校で勉強していました。それと言葉はアニメからいっぱい勉強しました。介護のことは正直仕事をしながら勉強しています。

いろんな人と関わって、いろんなことを勉強が出来ます。そしてお年寄りを見て、自分が若いうちにもっと頑張らなくてはいけないと 思います。

職員がとても優しくて、職場はとても綺麗で、一番安全なところだといつも思っています。

沖縄といえば観光地がとてもいっぱいあります。特に海です。

最初に日本に来てまだ日本語が話せず、話せないのでジェスチャーを使って伝えていました。今自分の昔を思い出すと笑えます。

人間は時間が経つほど夢が変わります。今目標は介護福祉士の資格に合格をすることです。

仕事は最初はもちろん大変です。 でも仕事の中からいっぱい学びたいことがあったら介護は間違いないと思います。

自分の人生をもっと大切にして、人生の中で気を付ける事を気付けることです。

「日本語が上手だね」、「頑張ってますね」、「介助のやり方が上手だね」。

いろんなことを話しています。 好きな事とか、趣味や家族のこととか、くだらないこととかも話しています。

今はまだだと思いますけど、いつか自分が両親の世話をするときが来るので、その時きっと今の仕事をやっていて良かったなと思えると思います。

この仕事は初めですが、大変ということは全部大変です。時間が経って今はもういけるなと思います。

人間を大切にしてる人だと思います。

今年コロナウイルスの中で一番安定している仕事なら介護だと思います。理由は今も介護の仕事をしていることです。

早く上手になりたかったら僕の場合はいっぱいアニメを見ました。ただ見るだけじゃなくてちゃんと言葉をひとつずつノートに書いて勉強を繰り返しました。 きっと早く上手になれると思います。

今仕事をやってみて気付いたことがあります。 自分の人生ではもっと自分で整理して、人生を大切にすることが大事だなと思っています。

やったことないことをやってみて、食べたことないことを食べてみて、見たことないことを見てみて、異論なことをたいけんすれば、日本できっと楽しい人生になります。

この前行ったところは万座毛です。 なんでかというと景色が好きで景色の写真を撮るのが好きでそこに行ってとても良かったです。

カンボジア Von Miarea

出身国 : カンボジア
来日 の西暦 : 2015年
在留資格 : 介護
日本語能力 : N2

インタビュー

特別どこがいいとかはなく、海外で留学したいかなと思いました。

介護はカンボジアにはありませんので、介護の勉強をしてできるだけ自分の大切な人をお世話することができると思い、興味があります。

景色がきれいな国だと思います。

利用者様が笑顔で自分に見てくれることが介護者の楽しいことだと思います。

ここの職場の人はみんな親切で、中身が良いです。人間関係が良いです。あともう一つはここ新しい施設なので全然雰囲気が綺麗です。

私は駅の近くに部屋借りてるのですごい厭離です。スーパー行くとかも、全然遊びたかったらすぐに電車使えるので便利です。

日本人は多くの人が親切な人です。優しいです。なんか困ることが合ったら全然介助してくれるので、なんでも教えてくれます。

日本に住んでいるうちに、介護認定証を取得しました。次に、会社福祉士の資格を取りたいと思います。

介護の仕事は本当は大変な仕事なんですけど、その中には楽しいこととかすごい素晴らしいこともありますのでぜひやってみてください。あともう一つはいつでもどんな状況でも、例えば今はコロナの時期なんですけど、他の仕事はたぶんない仕事もたくさんあると思います、けど介護の仕事はいつまでもあります。どんな状況でもある仕事です。

病気あったら、医者さんがみてもらいますが、普段は自分の子供たちが面倒をみてくれます。

利用者様の笑顔をみられることです。

褒められたことあります。利用者様に「今日ミアレアさんがあるから嬉しい」と言われたことがあります。ご家族には「いつもありがとうね~悪いですね~ミアレアさんが来てくれて助かるわよ」と言われたことがあります。

優しい人とか忍耐が強い人です。すぐに怒る人はちょっと合わないかなと思います。

今考えているのは、一つの目標でこれから社会福祉士の資格を取りたいことです。

日本は世界の一つの有名な国なので選びました。あと、日本と自分の国の違いごとはたくさんありますけど、一つ上げます。交通機関です。その中には、多くの日本人は電車を使いますよね、近いところにも遠いところにも電車を使ってますよね、カンボジア人は電車が一本しかありませんので、すごい遠いところなので、家から仕事に行くときぐらいなら車とバイクが多いです。それが違います。

カンボジア人としては日本と言ったら1番はテクノロジーです。

今は日本で旦那と一緒に生活していますので休みの時は、旦那と色んな所に行って遊んだり外食したりしています。

日本人が早口でしゃべってくる時だと思います。

日本人の友達とか、先生とか、または職場の人に教えてもらいます。

なんとなく将来の目的をはっきり立ってるなと思います。あともう一つは、やっぱり以前より全然生活が良くなってきています。

日本人の友達をたくさん作って、たまに仕事の休みの時は色んな所に遊んで、体をリフレッシュしたほうがいいかなと思います。

天ぷらが好きです。麺類とかも好きです。

特別なところはないですけど、花見が好きなので、春になって色んな所に行っています。

モンゴル Damdinsuren ISHINKHOROL

出身国 : モンゴル
来日 の西暦 : 2020年
在留資格: 技能実習
日本語能力 : N3

モンゴル Batgerel ARIUNGEREL

出身国 : モンゴル
来日 の西暦 : 2019年
在留資格 : 技能実習
日本語能力: N2

インタビュー

【Damdinsuren ISHINKHOROL】ある本を読んで違う国に行ってみて、違う人達と会ってみたかったです。前よりたくさんのことを知りたいと思いました。 その時に日本は一番身近に感じられました。 なぜなら日本の富士山とモンゴルの2番目に高い山が地下で繋がっているという話を聞いたことがありました。 それで日本の歴史と医学も興味がありました。 それで日本に行きたいと思って、日本語を勉強しました。

【Batgerel ARIUNGEREL】私は、外国語を勉強するのが好きなんで、前にも3か国語くらい勉強したことがあります。それで小さい時から日本に憧れというのがあって、日本語勉強してみたいなと思って、日本語学校に入学しました。日本語がすごくだんだん上手になってきたので日本に行ってみようかなと思いました。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】私の専門は看護師です。 おばあさんが私を育ててくれました。 残念ですが8年前に天国に行った時に私はそばにいてあげられなかったのです。 その時からお年寄りに寄り添って人生の最後まで迎えるときに暖かくて穏やかな生活をしてあげたいと思い介護の仕事に決めました。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】人と接する仕事ですから相手がハッピーなら私もハッピーです。 利用者様は夜よく寝てくれて朝元気でいる姿を見て私も元気になります。利用者様と長い間いるとその人の様子をみてすぐ分かるようになります。家族みたいです。それが楽しくてやりがいなのです。

【Batgerel ARIUNGEREL】利用者さんに褒められてもらって、ありがとうって言われるのはすごく嬉しいです。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】
他の施設の事はよく分からないから比較はできません。 同じチームの職員はみんな仲がいいです。優しくしてくれました。 緑があるからいいと思います。

【Batgerel ARIUNGEREL】私が今働いているところはショートステイなんですけど、職員さんたちみんなベテランの方たちで、結構何か困ったことがあったら何でも教えてくれるし、全然生活の相談にも乗ってくれるし、結構助けてくれます。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】東京に近いです。コロナウイルスのせいで東京に行ってなかったですがいつか行きたいと思いました。自然災害が少ないと聞きました。

【Batgerel ARIUNGEREL】去年の夏、熊谷のうちわ祭りに参加したんですけど、日本の夏祭りって凄いですねって印象にすごく残りました。絶対忘れないと思います。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】一番の目標は短い期間に日本語をマスターすることです。 そして日本で社会福祉や社会健康の勉強がしたいです 。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】自分の本心をよく聞いてください。お金とか考えて仕事しようとする決めたら諦めるかもしれません。人間と人間として接することが出来る人はこの仕事は大変じゃないはずです。そして高齢者への身体や心の特徴をよく勉強してください。日本語は聴く練習をたくさんしてください。そして日本語でポッドキャストを聴いて、映画もたくさん見てください。

【Batgerel ARIUNGEREL】介護の仕事は結構難しく、大変なところもいっぱいあるんですけども、楽しいところもいっぱいあります。慣れてきたらすごく頼りになれる仕事だと思います。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】施設利用者の便秘が治るとき、ご飯をしっかり食べてくれる時、よく寝てくれる時、手が寒い時に「手が冷たい人は心が温かい」と言われた時に嬉しかったです。

【Batgerel ARIUNGEREL】認知症の方なんですけど、名前を憶えてくれたんですね、それが一番うれしかったです。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】同僚たちから「細かいことをよく気づいて、大事にすること」を学んでいます。

【Batgerel ARIUNGEREL】大人の人のおむつ交換は初めてでした。それと入浴介助。救命講習を受けたり、それと最近なんですけど、夜勤の時利用者さんが具合悪くなって救急対応を始めて経験しました。

【Batgerel ARIUNGEREL】変わりましたね。最初のころはモンゴルにいて、日本に来るまでは正しい情報というのを持ってなかったですね。例えば利用者というのはどんな人かとか、体調はどういう状況なのかとか、あと認知症ですね。モンゴルには認知症は少ないというか、あんまり見たことないですね。認知症の方と関わり方とか認知症のケアとか、そういうの全然知らなかったです。最初のころは全く何もわからなかったですね。いっぱい勉強しました。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】日本人の会話が分からなかったらどうしようと思って心配でした。 聴解の練習をたくさんしました。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】人の世話ができるようになったため、いい母親になれると思います。

【Batgerel ARIUNGEREL】自分の体調管理や体調を崩した時の対象法などが分かるようになりました。熱を出した時や嘔吐した時はどうしたらいいかななどです。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】高齢者の特徴をよくわかるようになりました。 感情もコントロール出来るようになりました。

【Batgerel ARIUNGEREL】介護の仕事をし始めてから、とても我慢強くなったと感じます。それと自分の気持をコントロールできるようになりました。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】コロナウイルスが終わったら楽しい生活が出来るようにと思います。日本の海もあって山もあって新しく体験出来る事はたくさんあると思います。日本料理も食べ慣れれば美味しいです。新幹線に乗るのが楽しみです。夏でも雪が楽しめることがあります。夏でも暑いですが会社は涼しいです。

【Batgerel ARIUNGEREL】いつも仕事と自分を苦しめてはいけないと思います。ストレスがたまらないように好きなことを見つけて、リフレッシュしていればいいと思います。例えば、観光に行ったり、楽器を習ったり、ゲームなどもできます。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】ヨーグルトとか好きです。好きになっています。

【Batgerel ARIUNGEREL】日本の食べ物だと、いろんな味の物がありますね。その中でケーキと甘い物がすごくおいしいです。その中でラムレーズンのケーキが一番おいしかったです。

【Damdinsuren ISHINKHOROL】近くに大きくてきれいな公園があります。 休みの日、時々行きます。

【Batgerel ARIUNGEREL】今自分が働いているところはショートステイなんですけれども、ショートステイには利用者さんを連れて外出し、レクリエーションするんですけど、去年の3月に利用者さんたちと一緒に梅林見学にいったん出すけど、モンゴルだと3月に花が咲くというのはないですね。去年来て3月に花見しに行ったんですけどそれが凄くきれいだったです。

ミャンマー Mar Mar Win

出身国 : ミャンマー
来日の西暦 : 2019年
在留資格 : 外国人技能実習2号
日本語能力 : N3

ミャンマー Ei Ei Mon

出身国 :ミャンマー
来日の西暦 : 2019年
在留資格 : 外国人技能実習2号
日本語能力: N3

インタビュー

【Mar Mar Win】安全な場所であり、介護の技術水準も高い日本に来ることにしました。

【Ei Ei Mon】安全な場所であり、技術水準も高い日本に来ることにしました。

【Mar Mar Win】父と母の世話をすることが介護福祉士になるきっかけとなりました。

【Ei Ei Mon】私がこの仕事を選んだのは、母国で介護をするのは、功徳をもらうことだからこの介護の仕事をするのに選びました。

【Mar Mar Win】日本は安全で外国人が働きやすい場所だと思います。

【Ei Ei Mon】日本人はルールを厳守していると思います。

【Mar Mar Win】日本に来る前は、ミャンマーの日本語学校で勉強していました。 日本に来てから、介護教科書を読んだり、職場の先輩に質問をしたりして日本語を勉強しています。

【Ei Ei Mon】日本語と介護サービスを勉強するために、ユーチューブ、インターネットコンテンツ、本を使いました。

【Mar Mar Win】入浴に関連する介護サービスです。

【Ei Ei Mon】私は介護施設で高齢者と話すのが大好きです。

【Mar Mar Win】私たちのアパートは介護施設の近くにあり、私はそれが大好きです。

【Ei Ei Mon】この介護施設ではすべてが順調です。

【Mar Mar Win】欲しいものは簡単に購入できて新鮮です。

【Ei Ei Mon】私たちのアパートはスーパーマーケット、デパート、駅に近いので、移動や食べ物の購入は便利だと思います。

【Ei Ei Mon】雪を見ることは最も印象的なエピソードでした。 ミャンマーでは雪を見たことがありませんでした。 日本で最初の雪は私の人生の中で素晴らしい思い出でした。

【Mar Mar Win】介護福祉士の資格を取得したいです。

【Ei Ei Mon】私の両親は教師なので、私の夢は日本語の教師になることです。

【Mar Mar Win】日本は安全に暮らせる場所であり、技術も充実しているので、ぜひお越しください。 また、日本のショッピングモールでは新鮮な商品など必要なものを購入できます。

【Ei Ei Mon】私たちの母国で使える介護の技術を学ぶことができるので、他の人にもこの介護の仕事を選ぶことをお勧めします。

【Mar Mar Win】介護施設の利用者さんたちから「ありがとう、ありがとう」と言われるのを聞いて嬉しかったです。

【Ei Ei Mon】私たちが外国人であるにもかかわらず、利用者さんたちが日本人と同じように私たちを扱い、話すことができてとてもうれしいです。

【Mar Mar Win】施設の利用者さんの家族と話すとき、私は母国のミャンマーについて話します。

【Ei Ei Mon】利用者さんたちに自分の国について、また自分自身について話していました。

【Mar Mar Win】はい、施設の何人かの人から私が仕事に大分慣れたと言われました。

【Ei Ei Mon】私は外国人ですが、日本語が上手であると褒められました。

【Mar Mar Win】私はいつも楽しいことや面白い話について話します。

【Ei Ei Mon】特に母国と私の仕事に関して、話すことが多いです。

【Mar Mar Win】栄養価の高い食べ物を食べること、よく眠ること、定期的に薬を飲むことなどが効果的であることに気づきました。

【Ei Ei Mon】高齢者に介護サービスを提供した後、毎日お風呂に入るのは体の健康にも、一生にも良いことを学びました。

【Mar Mar Win】はい、ミャンマーで学んだ日本語は標準的な日本語だったので苦労しましたが、実際の職場ではほとんどの人が地元の方言で話していました。

【Ei Ei Mon】はい、いくつかの困難がありました。 ミャンマーで学んだ日本語は普通の日本語でしたが、私の施設の日本人スタッフは私が理解できない地元の方言を使っていました。 このため、私はコミュニケーションの困難に直面しました。

【Mar Mar Win】親切な人は介護の仕事に適していると思います。

【Ei Ei Mon】高齢者を愛する人だと思います。

【Mar Mar Win】お年寄りの世話が好きだからだと思います。

【Ei Ei Mon】介護技術を学び、母国で使いたいと思ったからです。

【Mar Mar Win】お年寄りの言っていることは理解できたのですが、なかなか話すことは難しかったです。

【Ei Ei Mon】標準的な日本語を使えば理解できますが、現地の方言を使っているとわかりにくいです。

【Mar Mar Win】利用者さんの言葉がわからないときは、一緒に働いている上司に聞いてみます。

【Ei Ei Mon】わからなければ、先輩とか利用者さんたちにもう一度聞きます。

【Mar Mar Win】かなり上達したと思います。

【Ei Ei Mon】私が最初に日本に到着したとき、私の日本のスキルはあまり良くありませんでした。 今はネイティブスピーカーのように日本語を使用できるようになりました。

【Mar Mar Win】私は本を​​読んだり、辞書を使って漢字を学んだり、日本人の先輩にわからない言葉を聞いたりして日本語を勉強しています。

【Ei Ei Mon】日本語を勉強するために、私はインターネットを使って日本の先生の説明を聞いています。 また、教科書で勉強しています。

【Mar Mar Win】私は勉強と買い物を休んでいます。

【Ei Ei Mon】私は家で勉強し、時々外出します。

【Mar Mar Win】「たこやき」が大好きです。 小麦粉と真ん中のタコを使ったボール型の食べ物です。

【Ei Ei Mon】ミャンマーの豆カレーのような味わいの日本のカレーライスが大好きです。

【Mar Mar Win】水が澄んでいて青い日本の海が好きです。 波が強くて流れるのでとても綺麗でさわやかです。

【Ei Ei Mon】美しい花が楽しめる「おとぎの森」が大好きです。「おとぎの森」はアパートから自転車で約10分です。

【Mar Mar Win】日本は住みやすい国であり、介護サービスの技術知識も豊富で、いつでも新鮮で上質な商品を購入できるので、ぜひ日本に来てください。

【Ei Ei Mon】ミャンマーの人々は、祝福を得るために毎日善行をしようとします。 介護サービスは行為が多い仕事ですので、ぜひ日本に来てこの仕事をしてみてください。 また、日本で働くことで家族をサポートすることができ、幸せな気分になります。 これらすべての利点があるので、この仕事を選ぶことをお勧めします。

ネパール Ghimire Dharmika

出身国 : ネパール
来日 の西暦 : 2014年
在留資格 : 介護
日本語能力 : N3

インタビュー

子供の頃、第二次世界大戦中の日米戦争について読んだ。 長崎と広島を知るのは初めてだったので、長崎と広島を訪ねてみたかったのです。 その願望を満たすために、私は学生ビザで日本に来ました。

私は子供の頃から、高齢者、子供、障害者を助け、奉仕するのが大好きでした。 その感情から、私は高齢者のために働くことを選びました。

日本は先進国であり、安全に暮らせる国です。 便利な機械でほとんどすべての作業ができます。

1人で生活することが難しくなった障害者や高齢者の方々のお手伝いをさせていただきます。

施設内で高齢者向けの料理を食べることもありますが、とても上品でヘルシーな料理です。

私が住んでいる場所は静かで、スーパーマーケットも近くにあります。

日本は女性にとってとても安全な場所です。それが私がここに来て働くことを選んだ理由の一つです。 いつでもどこへでも安心して移動できます。

ネパールに帰国後、日本や学校で学んだことを活かして、ネパールの高齢者を助けたいと思っています。

介護をしている人が高齢者とコミュニケーションを取りやすいようにするには、高度な語学力が必要です。 職場がどのようなものであり、仕事をするために必要なスキルを知ることは重要です。

高齢者が笑顔で「ありがとうございます」と言ってくれてとても嬉しいです。 また、「外国から来たのに、サービスを提供してくれてありがとう」と言われるのも嬉しいです。

高齢者が若い頃にした仕事や、趣味、願い、家族、好きなもの、好きな食べ物について話します。

仕事は簡単で楽しいです。 ただし、高齢者をある場所から別の場所に移動するために、体力をすべて使用しなければならない場合があります。これにより、体の痛みや腰痛が発生する可能性があります。 仕事は簡単であると同時に難しいです。

介護で働く人は親切でなければなりません。 高齢者を尊重し、辛抱強く耳を傾ける必要があります。 恥や嫌悪感を感じてはいけません。

介護福祉士の資格を取得したいことです。

問題が発生した場合は、インターネットで調べたり、上級スタッフに助けを求めたりします。

はっきりと理解できるまで、職場のスタッフやお年寄りに何度も聞いてみます。

休みの日は、必要な物資を購入し、家を掃除し、ネパールの家族に電話をかけます。 私は時間がある限り勉強しようとします。

刺身、天ぷら、そばが好きです。

公園や田園地帯に行くと、いつでも自然の美しさを見ることができます。

高齢者と暮らし、昔話を聞き、親密な関係を築くことで、働きやすく、楽しくなります。

Scroll to Top